HOPEライブVol.6 - 楽しく熱い1日が今年もやってくる!-

HOPEライブVol.6

2019.8.17(土)OPEN:14:00

CHARGE¥2000(+1drink)

14:30-15:00 耳なしフランケン

15:10-15:40 Yarco & Warco

15:50-16:20 ヒッピーマリアンズ

16:30-17:00 Natsuko with Hiromi

17:10-17:40 Gospel Booh

18:00-18:30 荻真萩

18:40-19:10 種子田博邦 

19:30-20:00 Harry's Sorrow

20:10-20:40 松谷麗王

20:50-21:20 ベランダーズ
 

■自由が丘マルディグラ

東京都世田谷区 奥沢5丁目29-10 リブレB1/03-3722-6892

http://www.jiyugaoka-mardigras.com/

※本ライブは入れ替え制ではありませんが、ご予約の際には出演者名をお伝えいただきますようお願いします。満席の場合は、演奏されている出演者にご予約をいただいた方にお席を優先させていただきます。あらかじめご了承ください。

(出入りは自由です。受付で腕に巻く紙テープをお渡しします)

※このライブの収益の一部はリレー・フォー・ライフ・ジャパン横浜へ寄付され、がん征圧の活動に活かされます。

耳なしフランケン

耳なしフランケン、2年ぶりのHOPEライブです。

いつの間にか元号も変わっちゃって、もはや「昭和フォークユニットです!」なんていってられなくなりました。お尻に火がついたぼくらですが、秘策がないわけではない。

忖度一切なしの新曲を続けざまに発表し、世間様をあっと言わせる所存です。

こうなったらもう「耳なしきたはら&フランケンしみず」というのもやめちゃって、「すきやばし次郎&マルセ太郎」になろうかなと。そのほうがミュージックチャージを高くできそうですからね。

今年もがむばります。

Please reload

Yarco & Warco

山とバーボンを愛するシンガーソングライターヤーコとサザンロックとごま油を愛するロッカーワーコによるユニット♪ HOPEライブは音楽で応援するチャリティライブ。癒し系と元気出る系のオリジナル&カバー曲にて精一杯頑張ります!

ヒッピーマリアンズ

ジミヘンフリークの新旧でこぼこコンビがHOPEライブに今年も参戦!ゆらゆら帝国やサニーデイ・サービスなどをカバーします。

当日はベースとドラムにMacBookProを招聘。打ち込みでありながらも生々しいバンドサウンドを楽しんでもらえたら嬉しいです。

メンバー:Maria(Vo&G)  馬場ハシメ(Vo&G)  MacBookPro(Dr&B)

Natsuko with Hiromi

今回特別に結成したユニットは、ジャンルにとらわれないオールラウンドプレイヤー、ピアノのHiromiさんです。

久しぶりの共演ですが、どんな曲でもHiromi流にワクワクする世界に導いてくれます!

ピアニスト、Hiromiさんを紹介させてくださいね。

 

⚫︎Hiromi

洗足学園短期大学音楽科電子オルガン科卒、故・寺島尚彦氏に師事。

在学中より即興演奏に興味を持ち、JAZZピアノを板橋文夫、小池純子各氏に師事。現在はピアニスト、キーボーディストとして、ボーカルサポートを中心に、都内ホテル、ラウンジ、レストランバー、JAZZクラブ等々で演奏している。

Gospel Booh

ゴスペルを愛しハーモニーを大切にする7名のゴスペルコーラスグループ。デビューは4年前の「HOPE LIVE」でした。メンバー全員が、ソウル/ゴスペルシンガー・ゴスペルディレクターの松谷麗王に師事し、日頃から声を合わせてより良いハモりを追求。チャリティライブや卒園式、パーティ、ホールでのゴスペル祭などに出演し活動の幅を広げています。今回は7人揃っての出演です!
★メンバー(Vo):sop 真紀・まりあ / mez 智美・美由紀 / alt 麻理・由美・瑞穂

荻真萩

同世代のイトコ同士のような三人で、懐かしい思い出の曲をアコースティックにアレンジ・カバーして楽しんでいます。

誰もが他人事では無い「がん」について、学び・闘い・共に生きるRFLの活動を、チカラいっぱい応援します。

メンバー:荻の ひでお(Gt)はぎわら 真き(Vo Perc)萩わら たつお(Cb)

Please reload

種子田博邦

学生時代よりイベント音楽の作曲で活動を開始。ピアニスト佐山雅弘の勧めで伊藤多喜雄(民謡とジャズの融合で紅白歌合戦に2回出場)のバンドに加入。「音楽は目を閉じて読む本である」をテーマに5枚のソロアルバムを制作。多数の映像音楽、商業音楽制作でも好評を博す。

Harry's Sorrow

シンガー・ソングライター、ギタリスト、出張DJ、老舗ROCK Barバーテンダーなど...音楽に関わることをイロイロやってきたハリー・山下が、新しいバンドで参加します!

メンバー:Harry Yamashita(Vo&Gt)  Toshizumi Adachi(Bass) Makoto Aikawa(Drum)

Please reload

松谷麗王(Leo Matsuya)

1969年生まれ。学生時代からバンド活動を経て、東郷輝久氏に師事。1991年にNYに渡米。ゴードン・エドワーズ率いる"STAFF2"のキーボード奏者、ジミー・アレン、ビバリー・ハンショウ・スミス夫妻の元でボイストレーニングを受けながらライブハウス『VILLAGE GATE』『ADERAIDES』などに出演。1993年帰国後、レコーディング、ライブ、ナレーションなどの活動を開始。1996年、亀渕友香率いるゴスペルグループ "VOICE OF JAPAN"に参加。1997年からゴスペルクワイアのディレクターとして活動開始。2002年、ゴスペルグループ "Pencil Bunch"を結成、現在4人のメンバーで活動中。2003年、元HiFi Setの山本潤子らとコーラスグループ"APRIL"を結成、アルバム『10cc of tears』をビクターエンタテインメントより発表。後に2ndアルバム『April Second』を発表。2004年、コーラスグループ "M☆A☆S☆H''を結成し、ライブサポート、レコーディングなどで活動。また、オリジナルバンド "LOUDOGS"では映画『John and Jane Doe』(坂上忍監督)で主題歌を担当し話題を呼んだ。2005年、2007年と大井町きゅりあん大ホールにて総勢140人のクワイアによるゴスペルコンサートを企画、制作、演出を担当。2010年、サマーソニックにてスティービー・ワンダーのバックコーラスとして出演。2013年、CMスマ婚のサウンドプロデュースを担当。2014年4月、ゴスペルコンサート『Faith』をプロデュース。2014年5月、ニューヨークマクドナルドゴスペルフェストにて、日本人クワイア『Don't Give Up Choir』のディレクターとして出演。2014年7月~、D-LITE(from BIGBANG)D’sloveアリーナツアー、2015年2月~、D-LITE 3Dアンコールツアー、2017年4月~、D-LITE~D-Day~ドームツアー、2017年8月~、D-LITEホールツアーDなShow Vol.1、にバックコーラスとして参加。

[ゴスペルクワイアディレクター]

L.B.F.、自由が丘ゴスペルクワイア、目黒ゴスペルクワイア、Visionary Gospel Choirなど

[CMナレーション] コダック、ベネッセ、NTT、ファイザー製薬など

[CMソング] スマ婚、ユニクロ、大阪ガス、ソシエ・デ・エステ、不老林など

[コーラスレコーディング] 郷ひろみ、加山雄三、CHEMISTRY、キリンジなど

[ツアーサポート] CHEMISTRY、JASMINE、堀込高樹、D-LITE(from BIGBANG)など

 

■Pencil Bunch 公式blog 「PENCIL BUNCHな日々」

http://pbunch.exblog.jp/

ベランダーズ

日本のロックバンド・Crime of Charlie(現在休業中)から派生したアコギVo&エレキギター&ドラムの3人組。先月敢行したワンマンLIVEでは、その潜在的ノビシロっぷりを遺憾なく発揮!さて今回のHOPEライブではどんなプレイをやらかすのでしょう!

メンバー:松尾和祥(Vo&G)馬場ハシメ(EG)相川誠(Dr)

Please reload

リレー・フォー・ライフとは

がん患者さんやそのご家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指す、1年を通じて取り組むチャリティ活動です。1985年にアメリカの1人の医師から始まったこの活動は、2018年は世界30か国、約4500か所で開催されました。2006年に日本にも上陸、3人に1人ががんになるといわれている今、開催場所も日本全国約50か所に広がっています。

集まった寄付は、がんと闘うひとりひとり、そのまわりのひとりひとり、に寄り添える場所づくり、サポートできる仕組みづくり、がん治療や心のケアなどへの支援活動などに活かされています。

© 2017 mari-pla.me