HOPEライブVol.5 - 楽しく熱い1日が今年もやってくる!-

HOPEライブVol.5

2018.6.16(土)OPEN:14:30

CHARGE¥2000(+1drink)

15:00-15:40 Natsuko&栗山亮介

15:50-16:30 Gospel Booh 

16:40-17:20 オッドモンキーズ  

17:30-18:10 ヒッピーマリアンズ

18:20-19:00 荻真萩 

19:10-19:50 ホッピー神山 

20:00-20:40 松谷麗王

20:50-21:30 ベランダーズ
 

■自由が丘マルディグラ

東京都世田谷区 奥沢5丁目29-10 リブレB1/03-3722-6892

http://www.jiyugaoka-mardigras.com/

※このライブの収益の一部はリレー・フォー・ライフ・ジャパン横浜へ寄付され、がん征圧の活動に活かされます。

アコースティックジャズユニット(Vo Natsuko & G 栗山亮介)

今回のために特別に結成したユニットは、共に自由が丘出身のジャズミュージシャンです。栗山さんの繊細で確かなリズム感覚は多くのミュージシャンから多大なる信頼を得ています。私Natsukoに関しては皆さんもう十分ご存知だと思いますので(笑)、今回参加してくださるギタリスト栗山亮介さんを紹介させてくださいね。

●栗山 亮介

20歳の頃ルーツ音楽院へ入学し沢田駿吾に師事する、その後、浅草音楽祭で銀賞を獲得し演奏活動を始めた。現在はスタンダードジャズを中心にライブハウスやホテルラウンジ.レストラン等で演奏をしながら、後進の指導に当たっている。

Gospel Booh

ゴスペルを愛しハーモニーを大切にする7名のゴスペルコーラスグループ。デビューは3年前の「HOPE LIVE」でした。メンバー全員が、ソウル/ゴスペルシンガー・ゴスペルディレクターの松谷麗王に師事し、日頃から声を合わせて練習を重ねています。チャリティライブや卒園式、パーティ、そして昨年はホールでのゴスペル祭にも出演し、徐々に活動の幅を広げています。コンテンポラリーゴスペルの名曲を渾身のハーモニーでおとどけします。

今回の出演メンバー:Vo. 智美・瑞穂・真紀・美由紀・麻理・まりあ

オッドモンキーズ

オッドモンキーズは申年生まれのモンキーデュオ!ウッキー!な感じdeお届けします!

ヒッピーマリアンズ

ジミヘンフリークの新旧でこぼこコンビがHOPEライブに今年も参戦!ゆらゆら帝国やサニーデイ・サービスなどをカバーします。

当日はベースとドラムにMacBookProを招聘。打ち込みでありながらも生々しいバンドサウンドを楽しんでもらえたら嬉しいです。

メンバー:Maria(Vo&G)  馬場ハシメ(Vo&G)  MacBookPro(Dr&B)

荻真萩

同世代のイトコ同士のような三人で、懐かしい思い出の曲をアコースティックでカバーをして楽しんでいます。

HOPEライブは、がんを自分の事として考える大切な機会となっています。他人事では無いこの病と、闘うだけでなく共に生きる支援のためのチャリティーになれば幸いです。

メンバー:荻の ひでお(Gt)はぎわら 真き(Vo Perc)萩わら たつお(Cb)

ホッピー神山

1983年「PINK」に参加。90年代初頭、東芝EMIよりソロアルバム「音楽王1&2」をリリース。1992年、「GOD MOUNTAIN」レーベルを設立。1994年、宮本亜門のミュージカル「サイケデリック歌舞伎・月食」の音楽担当。1999年、フランスのレーベル SONOREより室内楽アルバム『Juice&Tremolo』を発表。2005年、ソロ『意味のないものは、意味がある』を発表。2007年、『もしもしピアノが弾けますよ』、2009年、『私がピアノ』、ピアノアルバムをリリース。プロデューサーとしては、アンジェラアキ、小泉今日子、氷室京介、センチメンタルバス、Chara、Judy&Maryなど2000曲を越える仕事をし、TVCMでも 2004年のトヨタ・カローラフィルダーなど多くのCM音楽を手掛けている。レーベルを主宰し、世界中のネットワークを築き上げ、多数のバンドにボーダレスなパフォーマーとして参加している。

http://hoppy-tv.com/

Please reload

松谷麗王(Leo Matsuya)

1969年生まれ。学生時代からバンド活動を経て、東郷輝久氏に師事。1991年にNYに渡米。ゴードン・エドワーズ率いる"STAFF2"のキーボード奏者、ジミー・アレン、ビバリー・ハンショウ・スミス夫妻の元でボイストレーニングを受けながらライブハウス『VILLAGE GATE』『ADERAIDES』などに出演。1993年帰国後、レコーディング、ライブ、ナレーションなどの活動を開始。1996年、亀渕友香率いるゴスペルグループ "VOICE OF JAPAN"に参加。1997年からゴスペルクワイアのディレクターとして活動開始。2002年、ゴスペルグループ "Pencil Bunch"を結成、現在4人のメンバーで活動中。2003年、元HiFi Setの山本潤子らとコーラスグループ"APRIL"を結成、アルバム『10cc of tears』をビクターエンタテインメントより発表。後に2ndアルバム『April Second』を発表。2004年、コーラスグループ "M☆A☆S☆H''を結成し、ライブサポート、レコーディングなどで活動。また、オリジナルバンド "LOUDOGS"では映画『John and Jane Doe』(坂上忍監督)で主題歌を担当し話題を呼んだ。2005年、2007年と大井町きゅりあん大ホールにて総勢140人のクワイアによるゴスペルコンサートを企画、制作、演出を担当。2010年、サマーソニックにてスティービー・ワンダーのバックコーラスとして出演。2013年、CMスマ婚のサウンドプロデュースを担当。2014年4月、ゴスペルコンサート『Faith』をプロデュース。2014年5月、ニューヨークマクドナルドゴスペルフェストにて、日本人クワイア『Don't Give Up Choir』のディレクターとして出演。2014年7月~、D-LITE(from BIGBANG)D’sloveアリーナツアー、2015年2月~、D-LITE 3Dアンコールツアー、2017年4月~、D-LITE~D-Day~ドームツアー、2017年8月~、D-LITEホールツアーDなShow Vol.1、にバックコーラスとして参加。

[ゴスペルクワイアディレクター]

L.B.F.、自由が丘ゴスペルクワイア、目黒ゴスペルクワイア、Visionary Gospel Choirなど

[CMナレーション] コダック、ベネッセ、NTT、ファイザー製薬など

[CMソング] スマ婚、ユニクロ、大阪ガス、ソシエ・デ・エステ、不老林など

[コーラスレコーディング] 郷ひろみ、加山雄三、CHEMISTRY、キリンジなど

[ツアーサポート] CHEMISTRY、JASMINE、堀込高樹、D-LITE(from BIGBANG)など

 

■Pencil Bunch 公式blog 「PENCIL BUNCHな日々」

http://pbunch.exblog.jp/

ベランダーズ

日本のロックバンド・Crime of Charlie(以下COC)から派生した愉快な3人組。ほぼオリジナル曲しか演らないCOCとは異なり、隠れた名曲はもとより、言わずと知れた名曲を密かにカヴァー♬ さて今回のHOPEライブではどんなオマージュ曲が飛び出すのでしょう!

メンバー:松尾和祥(Vo&G)馬場ハシメ(G)相川誠(Dr)

Please reload

リレー・フォー・ライフとは

がん患者さんやそのご家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指す、1年を通じて取り組むチャリティ活動です。1985年にアメリカの1人の医師から始まったこの活動は、2017年は世界30か国、約6000か所で開催されました。2006年に日本にも上陸、3人に1人ががんになるといわれている今、開催場所も日本全国約50か所に広がっています。

集まった寄付は、がんと闘うひとりひとり、そのまわりのひとりひとり、に寄り添える場所づくり、サポートできる仕組みづくり、がん治療や心のケアなどへの支援活動などに活かされています。

© 2017 mari-pla.me